読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リラクマと物体認識

Raspberry Pi 深層学習ライブラリで物体認識(Keras with TensorFlow・Open CV)」の記事に触発されて、ろくにコードも読めない技能不足にもかかわらず挑戦して、ヘロヘロになりながらも表示できました。・・・ミスド提供のリラクマですが。

f:id:vanlaborg:20170527093718p:plain

f:id:vanlaborg:20170527093833p:plain

立ち上げに、image-sizeで時々エラーが発生するも、立ち上がれば『teddy』と認識されました!

しかし、いろいろなライブラリーを放り込みました、運よくコンフリクトがなくてよかったです。

【備忘録】

pythonは3.4限定か?、OPENCVは3.1限定か?・・・試す気はない。

・raspi用の「tensorflow-on-raspberry-pi」をインストールする。

・kerasのtensorflowは特に設定しなかったがDEFAULTでバックエンド実行してくれている。

・”メモリが足りないよ!”エラーでSDメモリをrpi-configで拡張しなければならない。

・先達の指示の通り、学習済みモデルh5ダウンロードしてしまい、同じ階層に設置しないといけない。(thのファイルはなかった)

・scipy,h5pyと関連するライブラリをインストール。

・『keras』はmnist_cnn.pyで機能OKになる。でも、PYTHON3ではOPENCVカメラが動かないのでMAKEインストールが必要。→以下

LOGICOOL-C270に必要なCV2と関連するcmake-guiのライブラリのインストールが必要になるので、インストールして、動作確認する。

・ようやく、USB-WEBカメラで物体認識。立ち上がるまで時間がかかるがじっと待つ

・「S」でセーブされてもデータフローだと認識できないみたいなので、SAVEしてBREAKする。

・・・先達との格差を感じつつ感謝する。

 

raspberry と gtk-warning

0f:id:vanlaborg:20170520162519p:plain

xvncでリモートアクセスして、WEカメラの動作確認をしていたが、guvcviewではOKでも、なぜかpythonではGtkエラーになってします。

ネット情報によれば、xwindowをwindowsPCに入れる必要がありそう。

ひとまず、guvcview単体で動作チェック12.90fps。

次にPivotPiでWEBカメラの2軸動作を実施する。カメラはLIGICOOLのC270の重りを取って、ピントねじを再調整して両面テープでアマゾンで購入した2軸ステムに両面テープで固定する。付属のSC90サーボモータは7個中3個がどうも動作がおかしい。

返品したいが手間を考えるとやっかいで面倒。

f:id:vanlaborg:20170520165709j:plain

画像動作、2軸調整との両立は動作反応に時間がかかりすぎて使用に堪えない、無理。

そして、PCにxmingをインストールして、RasPiで2軸動作、画像はPCのxmingで確認する。PCのよりlxterminalでguvcviewを立ち上げて0.17fpc・・・何とか許容できそう。

左図はxming経由、右図はリモートデスクトップxvncで2軸調整を実施する。

f:id:vanlaborg:20170520164216p:plain

blinkを使ってみる

どうも、milkcocoaのグラフ機能など、ちょっと機能がPOORでがっかりなこともあって、blinkサンプルでお遊び。能力がなくても便乗すればここまでできるので大変ありがたい。

f:id:vanlaborg:20170515230130j:plain

GROVEのDH11のソフトをそのまま使えるのはうれしいが、PIN配置が違うのはいただけない。・・・間違えて置き換えて黒焦げ。

f:id:vanlaborg:20170515230559j:plain

GrovePiとリラクマ

f:id:vanlaborg:20170511222310j:plain

f:id:vanlaborg:20170511222326j:plain

1号機-GrovePiで工作。amazonで2軸サーボとDEXTERでPiVotPiを購入。地球は狭くなった・・・。

kivy-piのインストールとバックアップ

ネットワーク情報やUSB-AUDIOなど構築したkivy-piの環境をバックアップしようとしたが、購入した同じ16G-SDがいずれも構築元のSDのセクター数が小さいため、うまくいかない。仕方がないのでパーテーションをAOMEIで小さくしたSDで再構築を実施することとする。

RaspberryにBluetoothを

ここ2週間ほど、Bluetoothでとん挫する。

デフォルトの『Raspbian』をインストールした2号機osoyoo君ではMSbluetoothキーボードは簡単にアクセスできるがMAXELLのスピーカーは認識も不安定で、再生も不安定。GUI設定でも、コマンド設定もTRYしたが、生半可な知識のためうまくいかずとん挫。

3号機kivy君はそもそもbluetoothのモジュールが認識していなそう。どうもkivy-piのOS自体から見えていないのではなかろうか?

hciuart.serviceでは、btuartファイルもないと怒られるし。buletooth問題では、ttyS0にReplaceするとの記事を頼りにTRYするもhciattachでTimeOut・・・。

ひとまず、kivy-piの今後の更新に期待するとして棚上げとする。

 

 

OSOYOOのLCD

OSOYOOのLCDを使用していたが、どうも汎用ドライバーでないことが判明。

このため、改めて7inchLCDをELEDUINO製を購入。

DHC11のGND端子に3.3Vを配線してしまい、プラスティックが溶けてしまった。

いずれにせよ保護抵抗などはないので、安全性は課題です。